カフェギャラリーシャイン

ギャラリー

店内風景

今月の展示 “初夏の光景”
  フランス在住画家 五月女幸雄 小品&ジクレー版画

五月女幸雄 プロフィール

五月女幸雄
-経歴-
1937年宇都宮生まれ。彫刻より出発し、インスタレーション、絵画とオブジェのコンビネーションなど、実験的な作品を発表。60~70年代は現代舞踊の舞台美術監督を努め、人間社会と自然のかかわりを追求、さまざまな素材と技術による作品を生み出す。71年には人間そのものを展示した「The Body」(毎日現代美術展/東京都美術館)で 物議を醸し出すが、その後次第に平面表現が中心になり、やがて油絵作品へ移行する。当時流行のエアブラシを否定し、筆で精緻に描かれた独自の世界は、安井賞候補作家展、国際具象絵画ビエンナーレなど、具象美術界でも評価を得る。1975年、パリで初めての個展開催。これを契機に1986年パリへ移住。

-展覧会&受賞 (日本時代1960年~80年)-
・読売アンデパンダン展/毎日現代美術展/国際青年美術家展
・東京国際具象絵画ビエンナ-レ
・沖縄海洋博記念「海を描く」絵画展 優秀賞受賞
・北関東現代美術展準大賞受賞
・安井賞候補作家展
・インド・トリエンナーレ
・個展/日仏学院主催「若い作家シリーズー五月女幸雄展
 紀伊国屋画廊 銀座カノウ画廊 有楽町朝日ギャラリーetc.

-渡仏(1986年)後の展覧会&受賞-
・ル・サロン銀賞
・オルレアン美術展大衆賞
・コートダジュール国際絵画大賞展グランプリ
・個展 ブリュッセル/ ギャラリー・ルロワ 
パリ/モランタン・ヌヴィオン画廊 カプラン・マティ二ヨン画廊 
・シャトー・ベイシュベル国際現代芸術センター第1回選抜作家
・Base Art 2016

-美術館企画展 五月女幸雄回顧展-
・日本
《フランスからの贈り物》 池田20世紀美術館 (2001年9~11月)
《幻想と迷宮》 埼玉県立近代美術館 (2003年11月~2004年1月)
・フランス
《エペルネ市主催 Yukio Saotome展》 (2012年6月6日~7月28日)

-収蔵作品-
東京都美術館 / 練馬区立美術館 / サントリー美術館 / 埼玉県立美術館 / 栃木県立美術館 

フランス在住
Art en Capital/サロン・コンパレゾン 評議員 (パリ・グランパレ)